屋上は劣化しやすい場所~症状と原因からわかる屋上防水の必要性~

建物の部分の中でも特に屋上は痛みやすいので注意が必要です 建物の部分の中でも特に屋上は痛みやすいので注意が必要です

雨漏りなどのトラブルが発生しやすいビルの屋上

一般的なビルに比べ、高さのある高層ビルは日光や風雨の影響で屋上が傷んでしまうことが多くあります。以前より屋上の状態が悪くなっている場合は、なるべく早く屋上防水工事をしたほうがいいでしょう。ここでは屋上防水をすすめる理由などを紹介します。

高層ビルで屋上防水を実施する理由

防水機能の低下で水漏れなどが発生します
屋上防水の効果が低いと、屋上から内部に水が侵入してしまいます。この時点で手を打たないと悪い状態が続き、多くの水が入り込み建物の劣化を早めてしまいます。そのため、屋上防水は非常に重要なものと言えます。少しでも気になるものがあれば早めに業者に相談をするようにしましょう。
防水機能が無くなると建物の寿命も短くなってしまいます
鉄筋コンクリートを建設するときに、建設中にどうしてもヒビ割れが発生してしまいます。このヒビを長期間放置していると、そこから水が浸透し雨漏りの原因となります。それを防ぐには、なるべく早い段階で防水や塗装工事をする必要があります。そうすると建物も長期にわたって良い状態が続きますし、なにより資産価値を維持する事に繋がります。

防水工事の効果が切れた際に発生する現象

男性

屋上防水を実施するべきかどうかは、実際に屋上をチェックする必要があります。自分では判断がしにくいという場合には、業者に見てもらうと良いでしょう。ここでは防水工事の効果が切れた際に発生する影響を見ていきます。

それぞれの工法ごとに異なる防水工事の実施サイン

アスファルト防水の効果が切れた際はどういった現象が起きますか?
屋上のコンクリートにひび割れがあり、そこを叩くと乾いたような音がします。また、コンクリートのモルタルが割れていたり、ひび割れの隙間から雑草が生えていたりしているといった場合は効果が薄くなっている状態といえるでしょう。
シート防水は劣化するとどのような状態になりますか?
シート防水が劣化すると、シートが破れていたり、穴が開いたりします。また、シーリングが壊れていて硬化している、といった場合は劣化している可能性が高いです。防水層が破れている場合も、注意が必要です。
塗膜防水を再度実施するタイミングを教えてください
再度、塗膜防水を実施するにはタイミングが重要です。防水層が破れている、下地が見える、白い粉が出てきた、などといった状態が見られた場合は劣化しているサインです。このサインが確認できたら、早めに業者に防水工事の相談をするようにしましょう。

防水工事を行なう際は不良施工に注意

防水工事を行なう業者の中には悪質な業者も存在します。例えば、見積もりで出した料金よりも高く請求したり、大規模工事を装って費用を高めに設定し実際の工事は手抜きをしたりする、といった可能性があります。そのため、こういった被害に遭わないためにも依頼する業者をよく見極めることが大切です。

ビルを管理する際は屋上の状態もよくチェックすることが大切です。ヒビや膨れなどが見られたら早めに防水工事を実施しなければなりません。防水工事が遅れると被害が広がるので注意が必要です。

TOPボタン