ビル管理会社と防水専門業者の違い~認可を得ていると安心~

建物の部分の中でも特に屋上は痛みやすいので注意が必要です 建物の部分の中でも特に屋上は痛みやすいので注意が必要です

管理会社に管理を全て任せるのは不適切

ビル

管理会社に高層ビル全ての管理を任せると楽にはなりますが、トラブルが発生する可能性も高いです。なぜかというと、管理会社の中には適切にビルの管理ができないところもあるからです。

技術と知識を持った業者に相談するのが一番

管理会社と言っても、建物のメンテナンスに関しては専門分野ではないため、知識や経験を持っているのが当たり前ではありません。そのため、そういった知識や技術に乏しいところへ相談すると、管理会社に繋がりのある工事会社に見積もりや施工を依頼するといった、良くない流れが発生してしまいます。それを防ぐには、やはり始めから知識を持った管理会社や、専門の業者に相談をした方が安心できるでしょう。

適切な防水工事を行なうためのチェックポイント

ビルの防水工事をする際には、なるべく作業にかかる費用のコストを抑え、必要な防水工事をしっかりと行なう必要があります。ここでは、ビルの防水工事を行なう際に注意するポイントをご紹介します。

ビルに防水工事を実施する際の注意点

直接施工店に防水工事を任せる
屋上防水の工事を管理会社に依頼をすると、管理会社からさらに防水専門業者に依頼をするので、中間マージンが発生してしまい費用が高くなってしまいます。そうならないために、直接専門業者に依頼をするようにしましょう。さらに複数の専門業者で見積もりをし、費用を比較することも重要です。
依頼前に防水工事業の認可を確認する
防水工事の専門技術を持っているかどうか判断するには、防水工事業の専門の認可を取得しているかどうか確認をするといいでしょう。中には防水工事ができると言っていても、許可を得ていない業者も多くあります。
収益性に繋がる工事を考える
ビルやマンションというのは、遺産や収益が発生する建造物です。そうすると、ビルやマンションの屋上防水工事や修繕をする際に、ただ直すだけではなく、収益につながる改修工事が必要になってきます。場合によっては、適切なアドバイスや提案を行ない、建物自体のグレードアップをする必要があります。
TOPボタン